2012年 03月 03日 ( 2 )

beacon

beaconにて少し早めのランチ

d0146341_1803337.jpg

美味しいアメリカングリルとビール!
気取らない居心地の良いスペース
ナナパパの好み!(もちろん私も!)

美味しそうに飲むビール!
帰りの運転は任せてね!
d0146341_17522219.jpg


このあと ぱぱっとショッピング♪


ナナちゃんの具合がよくなくて
(今はだいぶ良くなったのでご心配なく!)
お義母さんに様子を見てもらっているので
お昼過ぎには帰宅

週末デート! 覚えてないほど遠い昔以来かも(笑)

あっという間だったけど


SO! SO! HAPPY!
[PR]
by nanaxoxo | 2012-03-03 17:00 | Restaurant(レストラン)

「ジャン=ミシェル オトニエル:マイ ウェイ」展 2

おひなまつりの日
開館前の誰もいない美術館での
展示会を楽しむメンバー向け
「モーニング オープンアワー」

朝の原美術館
レトロ感ある一枚が撮れた
(画像iPhone)
d0146341_1805953.jpg

朝の日差しを受けてキラキラ光る作品にうっとりしながら聞く
早朝ギャラリーガイド
d0146341_17594081.jpg

なんとナナパパ(夫)と一緒!!
週末お休みだなんて すごく貴重!!
嬉しくてしょうがない私(笑)
d0146341_1817278.jpg

小じんまりとしたスペースでの展示は、
輪郭線と捉えながらも
作品の細部に自然と目ゆく。。
そして、その昔ティーサロンだった場所から
お庭を眺めると、朝日でキラキラ輝く作品 う〜ん素敵♪
灯篭とガラスの作品が不思議とうまく収まっているのには感服!

元は個人の邸宅である原美術館の特徴を活かした展示方法!

こう書くと、堅苦しい感じですが
素直に美しいもの綺麗なものは 「きれいね」 と!
そしてその作品についてのお話を聞くと
美しいだけでない そのものの意味に気がつきます

d0146341_18454115.jpg


硫黄やワックス等を使った初期の作品
ガラスを用いた現在の作品
比べると とても同一人物だと思えない
ここまで作風が変わる人も珍しいのではないかしら
d0146341_18475572.jpg

こちらの初期の作品は。。!

所有する TOO FRENCH(図録 1992)の表紙だー!! 勝手に親近感!
d0146341_18482918.jpg

(Photo 一眼レフ)

原美術館がいかに長年にわたって作家を見守っているかが伺えます。

作品は大型化し
まさに今、成熟期ではないでしょうか

ワークショップも楽しんで
用意して下さったお茶をいただきながらの、
色々な興味深いお話や質問、

今回の作品展、好意により写真撮影がOK!
カメラを持っていこうか迷いましたが
撮る事に夢中になるより 
じっくり見てそのひとときを楽しむ事のほうに決定!

d0146341_1848534.jpg

(Photo 一眼レフ)


後日楽しむのは
素晴らしい図録で!

前日までの寒さとは逆に
ポカポカ陽気の素晴らしいお天気!

私は先日買った素敵なニットコートが着れて嬉しい!(嬉々)

ガラス作品が栄える「オトニエル日和」と
学芸員の方がおっしゃっる通りの
素敵なひとときでした

朝から最高!

さて
ランチタイム!
[PR]
by nanaxoxo | 2012-03-03 17:00 | Art & Design