2011年 08月 12日 ( 1 )

「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」(&犬たち)

今週は何故か2日に1度は六本木 三昧(笑)

会社帰りに寄れるアクセスの良さ?? じゃなくて
たまたま集中してたのだ〜ホホホ

今日は一人でゆっくりのんびり美術鑑賞!
国立新美術館へ
金曜日は遅くまで開館していて嬉しいわあ♪

「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展 
印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション」

凄いらしいけど混んでるから行かないな〜って思ってたけれど
ロザちゃんママからメールでマネの描いた「キャバリア」が展示されてます

オススメです! とメールを頂いて!!

何?マネの「キャバリア」?? これは拝まなくては(笑)
人を押しのけてでも!(笑)
d0146341_10415176.jpg

(iPhone)



今回の「ワシントン ナショナル・ギャラリー展」はテレビCMも流し
大々的な広報活動目につきますが
これは日本人が印象派が大好きだから〜〜なんて軽く思っていた私(苦笑)

ちゃんと見て調べてビックリ(今さらですが 笑)
なんと蒼々たるメンバー!

印象派のスター&アイドルばかり

マネ、クールベ、ドガ、バジール、モネ、
ルノワール、セザンヌ、ロートレック、ゴッホ等々

83点の出品作品のうち50点が日本初公開

「「美術館の顔である常設コレクションからは一度に12点以上を貸し出してはいけない」という厳しい規則があるナショナル・ギャラリーで、史上最多の9点が来日中という、まさに奇跡の展覧会だ。」(HPより抜粋)

どうやらナショナルギャラリーの本館である西館が改修中で
その間、貸し出される事が可能になったのだとか(なるほど〜)

改修なんてめったにある事ではないし
やはり奇跡の展示会とは本当ですね♪
d0146341_19113057.jpg

金曜日の夕方からだからか
大した混雑もなくゆっくり堪能出来ました。

それにしても印象派の絵画は純粋に美しい!
繊細な色合いと独自の筆使い
何世紀も前の作品なのに生き生きとして輝いているよう♪

風景や服装、装飾にその時代をかいま見て思いを膨らませたり

そして もうひとつ
その美しい絵画をまとう額の造作の素晴らしいこと!
日本の欄間にも似た細やかな細工が施され
絵の価値を一層引き上げている
絵とともに同じ時を共にして現在に至る歴史ある重厚感は 
油絵の立体感と華やかさに驚く程見事にマッチしている!!
(逆に水彩、パステル、版画等の額は驚くほどシンプル)

展示してある壁も
落ち着いた淡い色合いが
作品を邪魔する事なく溶け込んでいて
品の良さを感じます♪

そして作風が年代によってだんだん変化するのを感じるのも面白い

オタクっぽいかもしれないけれど
作者のサインを見るのも楽しみのひとつ
例えばルノワールってほんとRenoirって書いてある〜とかね笑
ロートレックはサインは判子のようなモノグラムのようなものだったり
サインが逆(鏡文字)のように裏返しになってる方もありましたよ♪


そして、お目当ての
エドゥアール・マネ
「キング・チャールズ・スパニエル」
(キャバリアの前身がこのキング・チャールズ・スパニエル)
d0146341_1121215.jpg

豪華なクッションにお行儀よくお座り♪
横にはボールが。。お気に入りなのかな?
可愛がられていたのね〜〜♪♪ わかるわあ〜笑
額も含め、実物はこの何百万倍も素晴らしい=!

こちらのチラシに印刷されている
同じくエドゥアール・マネの「鉄道」に描かれている
左:女性の腕の中で寝ているワンコはキャバリアじゃないかしら♪
d0146341_19141813.jpg

マネはキャバリアが好きだったと想像するだけで
ファンになってしまいます(笑)

先日C&Dooちゃんママに頂いたメモ帳はどちらも網羅していて
キャバリア好きにはたまらな〜い♪

記念グッズには「ワシントン犬」と称して
ワンコのピンバッチ等が販売されていました
d0146341_1913947.png

目のつけどころが面白い! よく見つけたなあ〜と思うのも。。笑
名前の付け方。。。ハードル低すぎ! いくらなんでも ポンタとは。。トホホ

ロザちゃんママに勧めてもらわなかったら
まず混雑を考えてこの展示会には行かなかったわ。。
この機会を逃したかもしれないと思うとゾッとする!(笑)
それほど 素晴らしかったです♪
教えてくれてありがとう!! 感謝たくさん〜〜♪♪

d0146341_19135075.jpg


1866年 今から約145年前のキャバリアの肖像画
素晴らしい!!
もう多分2度と見る事 出来ないかな。。

気がつけば長い日記(汗)
熱い想いからか
まとめる力不足か

まっいいか!笑


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

母は印象派の絵が好きで
今でも実家の
私の部屋にはルノワール(複製)が
兄の部屋にはゴッホ(複製)が飾ってあります
きっと
次の京都市美術館での開催を
今から心待ちにしてるはず♪

感想を報告しなくちゃね〜♪

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
[PR]
by nanaxoxo | 2011-08-12 19:14 | Art & Design